www.zgbusiness.com

-

-

カードローンの引き落し方法というものはクレジットカード会社によって相当差異というものがありいろいなメソッドが採用されています。類型的にはスライド法やリボ払法がとられているみたいです。またこのような誰しもご存知のリボルディング払いですが、実は計算手法にはいろいな種類といったものがあったりするのです。そうしてしかような様式によって引き落しトータルが変わってしまいますので理解しておいて損することはないでしょう。簡単にこれらの様式の相違についてを解説していきましょう。一つ目は元金均等払いでその次は元利均等払いです。これらはそう呼ばれているように元本を均等にして払っていくのと元本と利子に関してをあわせて均分に払っていくという方法です。このケースでは仮に10万円カードキャッシングしたと仮定し、実際いかような算定をしていくのかやってみましょう。利率に関してはどっちも15%というふうに計算します。更にまたリボ払いについての支払いを1万円というふうに計算します。先ずは元金均等払いからです。こういう折の1回目の支払いは1万円に利息分の1250円を加算した支払になります。次回の返済については1万円に金利1125円を加算した支払いとなるのです。かくして総回数10回にて支払いを終了させるといった方式となります。一方元利均等払いとははじめの支払いに関しては1万円でそこから元本に8750円金利に1250円と言うように割り振るのです。その次の返済は元本が8750円に減少した状態にて利息を算定してその1万円から更にまた分配します。詰まるところ元利均等払いの場合では10回で返済が終了しない算出になります。たったこれだけの差異で双方がどのくらい違っているかたっぷりわかったことでしょう。元利均等というものは元金均等に比較して顕然ともと金が減っていくのが緩やかという難といったものがあるのです。詰まるところ利子を余分に払うというようなことになります。他方1度目の返済が小さな金額ですむという利点もあります。こうした支払い方式についてのずれに連動して引き落し合計額というものは相違してきますからあなたの好みに合う方針をするようにしてみてください。

Copyright © 2000 www.zgbusiness.com All Rights Reserved.