www.zgbusiness.com

-

-

いろいろある融資の審査の立場からチェックしてみると、審査も様々であるということが考えられます。ひとくくりに融資と口々にいっても、金融機関であったり大手の企業であったり、さらに個人のものなどもあり多種多様です。それらのキャッシング業者を比較した場合、当たり前に、審査項目が簡単な会社、その逆の通りづらい会社と、はっきり分かれます。初め、同時期に借り入れる会社は、3社というのが目安と言えます。借り入れ件数が多くても3社以内で、借り入れ金額が年収の三分の一より少なければ、銀行であっても審査項目をパスする割合いは高いといえます。金融機関は総じて借りたお金に対しての利子が少なめに設定されていますので、活用することであれば銀行がお勧めでしょう。借り入れ件数が万が一お金の借入れ件数が4件を超えている際は、金融機関は難しくなるでしょう。但し、2006年に新しくできた出資法や貸金業規制法などの法の改正により、利息の上限が引き下げられ、金融機関では手続きがパスしずらい傾向にあるようです。銀行でも、さらに審査基準に関しては通りづらくなっているということです。また、手続きの簡単な会社とうわさの企業でも、なりふり構わず申し込めばよいことでもありません。万が一、先にそのキャッシング会社について情報を収集せずに申し込み、審査に通過しなかった場合は、その審査情報は個人信用情報機関に登録されてしまいます。信用情報機関に記録されるのは3ヶ月〜6ヶ月です。その期間、個人信用情報機関の記録が汚れてしまうこととなってしまします。汚れたからといって必ず借りられないというわけでもないのですが、その個人記録を参照する企業の審査基準には、当たり前に、なんかしらの影響があるでしょう。割に幾分甘いといわれる審査項目をする業者でも、個人信用情報機関に情報が登録されるいることによりキャッシングを受けられなくなることも起こってくるかもしれません。

Copyright © 2000 www.zgbusiness.com All Rights Reserved.