www.zgbusiness.com

-

-

借金についての支払内容というものはクレジットカード会社の方針に応じて相当違いがあって、多様なメソッドが導入されています。基本的なところではスライド法やリボ法が選ばれているみたいです。またこういった多くの人が知っているリボですけれども本当のことを言えば算定様式には多くの法があるのです。それゆえさよう手法によって返済額が異なってきてしまいますので、知っておいて損をするようなことはないでしょう。じゃあ易しくこれらの形式のずれに関して解説します。最初は元金均等払いで、二つめは元利均等払いです。これらはその名のとおり、元本に関して一様にして支払っていくというものと、元本と利率を一緒にして均等に支払っていくという様式です。今回はたとえば10万円キャッシングしたとしてどんなような算出をするのかやってみます。金利に関してはどちらも15%というふうに試算します。それとリボ払に関しての支払を1万円とし計算します。とにかく元金均等払いのほうからいきましょう。かかる事例の1回目の支払については1万円に利子分の1250円を合計した引き落とし金額になります。次の支払いは1万円に対して利息分の1125円を加えた引き落としとなるのです。かくして10回分で返済を済ませるという手法です。一方元利均等払いというものは1回目の支払は1万円ですがそこから元本に8750円利子に1250円と言う具合に分配します。次回の引き落しについては元金が8750円に減った状態にて利息を勘定してその1万円を更に割り振るのです。すなわち、元利均等払いの場合は10回で支払いが終わらない勘定になります。こればかりの相違で双方がどれほど違っているのかたっぷりわかってもらえたと思います。元利均等というのは元金均等に比較して、顕然と元金が縮小するのが緩慢といったデメリットが存在したりするのです。別のことばで言えば金利というものを余分に払うと言うことになってしまうのです。他方最初の支払いが少なくて落ち着くと言う長所もあります。このような返済方法についての差異に応じて、支払金額というのは相異なってくるので自身の好みに合う使用法をするようにしてください。

Copyright © 2000 www.zgbusiness.com All Rights Reserved.