www.zgbusiness.com

-

-

カードキャッシングについての支払い方式は金融機関各個で相当違いがあっていろいなメソッドが導入されております。一般的にはスライド方式やリボ方式が多いようです。かかる多くの人が聞いたことがあるリボルディング払でも、本当を言えば勘定にはいろいな手法があります。それゆえしかような手法によっては返済合計金額が変わってきてしまうわけですので、理解することで損なことはないでしょう。そうしたら易しく2つのやり方の違いに関して説明していきましょう。一つ目は元金均等払い二つめは元利均等払いです。それぞれ読んで字のごとく元金についてを均等に支払っていくというのと元本と利率について一緒にして一様に払っていこうという方法です。今回のケースではもしも10万円借りたと仮定し、実際いかなる勘定をするか試してみます。利率は両方とも15%と設定して計算します。またリボルディング払に関しての返済は1万円として試算します。まず元金均等払いです。このような時の1回目の支払いについては1万円へ金利分の1250円を計上した支払いになります。その次の返済は1万円へ利子1125円を足した引き落とし金額へとなります。こういったふうにして総回数10回で支払いを済ませるといった手法です。一方元利均等払いは1度目の返済は1万円ですがそこから元本に8750円、利息へ1250円という感じで割り振るのです。次回の引き落しに関しては元本が8750円へと減った状態で利子を計算して、1万円を更にまた割り振ります。詰まるところ元利均等払いのケースは10回で支払いが完済しないといった勘定になるのです。たったこれだけの差異で両方がどのように変わっているのかということが十分に理解してもらえたことと思います。元利均等というものは元金均等と比肩して、はっきりともと金が縮小していくのが遅くなっていると言う非といったものが存在するのです。詰まるところ金利を余計に出すという状態になるのです。一方初回の支払いが少なくて済んだというプラスもあったりします。こんな支払方式の差異に呼応して、引き落し金額というものが相異なってきますのでご自身の返済計画に合致した使用法を採用するようにしましょう。

Copyright © 2000 www.zgbusiness.com All Rights Reserved.